たわわな酔っ払いお父さん足元気をつけてねブログ

たわわな酔っ払いお父さん足元気をつけてねブログ

Just another WordPress site

食器を包んで詰める作業が引っ越し作業の中で一番めんどくさい

読了までの目安時間:約 16分

 

あらゆるものを引っ越しの際に荷造りしなくてはなりませんが、食器を包んで詰めるのは確かに大変です。お皿やグラスといった割れ物は特に、慎重に包んで詰めていかないと運搬中に壊れてしまったら泣くに泣けません。どこの世帯にも、薄いガラスの食器があるのではないでしょうか。それならば、内側に丸めた新聞紙を入れて補強し、外からも包んでまた、専用の箱があるのでそれに入れるなど、どこまでも慎重に包んで、運べるようにすると破損の可能性はかなり低くなります。結婚に伴って転居したときに、宅配便で身近に感じていたヤマトの独り身引越しサービスを利用しました。ヤマト運輸に限らず、会社を利用した引っ越しなど初めての経験で、コールセンターへの電話も緊張していました。最初から最後まで、それぞれのスタッフの方にてきぱきした対応、丁寧な作業で、引っ越しが終わるまで、安心して任せていました。次の引っ越しでは人数も荷物も変わるでしょうが、お願いしたいというのが率直な気持ちです。無事に引っ越しを済ませて、住所が変わりましたら当然、運転免許証の住所変更手続きもしておかなくてはいけません。ほとんど車に乗らないから、この次の更新時まで免許証の住所記載は変えなくても構わない、という人もおられますが、普通の人が運転免許証を使用する機会は、割と多いのです。例えば、携帯電話を申し込んだり、機種変更をしたりする際は常に携行していることの多い運転免許証は、本人確認書類としては優秀です。また、新しく口座を作ったりする時も本人確認書類は必要です。そういったこともあり、住所変更手続きは早めに行っておいた方が良さそうです。引っ越しは先週末に終わりました。引っ越しを終えた日に入り口の電気をつけたときに「もう自分の家になったんだ」とジーンときました。その日の夜は気も大きくなっていて、普段ならぜいたく品のピザとお寿司をとって、好きなワインも買って引っ越しの無事完了を祝って乾杯しました。まだ残っている片付けもがんばります。地方から上京してきて、今まで3回引っ越しました。進学や就職のたびに引っ越ししてきましたが、どうしても荷作りに手間取ってしまいます。そんな経験からわかったことは、独り身世帯が引っ越すのなら割高になっても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うのが頑丈な荷物になります。ただでもらえるスーパーのダンボールやクラフトテープなどどは、荷物の頑丈さが違ってきます。問題なく荷物を移動させるために必要になるので、あきらめないで入手しましょう。引っ越しも色々ありまして、例えば全ての作業をお任せにしてしまうと、楽で良いのですが、人手も手間も要るので高くつきます。荷物も少ない独り身での引っ越しであるなら、ちゃんと独り身用の引っ越しパックやコースを利用すると良いようです。自分の引っ越しに適したコースを選ぶと、それだけでも支出は大きく減らすことができますから、得した分は、新居で始める生活に使うようにしましょう。住民票の移動と連動する手続きに含まれるのが運転免許証の住所変更を申請することでしょう。写真付き身分証明書として運転免許証を使うことも結構多いため、住所変更の申請も、早めに済ませましょう。転入した地域を管轄する警察署に、運転免許証だけでなく、新住民票の写し(住所変更した健康保険証や、新住所あての公共料金領収書なども使えます)を提出して、届を書き、少し待っていれば手続きは完了です。先日、無事引っ越しを終えました。準備で本当に疲れてしまいました。それまで住んでいたのはマンションだったので、引っ越し会社に大きい荷物を移動してもらいました。近所に引っ越したこともあって、お金を浮かせようと自分で運べそうなものを残しておいて何日もかけて何回にも分けて台車に載せ新居に搬入しました。本当に、台車にはお世話になりました。引っ越し専門会社としては、日本通運(日通)も「引っ越しは、日通」のコピーがヒットしたこともあり、おなじみの会社の一つでしょう。一般家庭の引っ越しを扱う会社は、会社名は引越社、引越センターに決まっていたイメージを持っていたのではないでしょうか。ところが、運送会社は近年、引っ越しサービスを家庭向けに行う事業を増やしてきました。そのような運送会社はたくさんありますが、日通のような大手の会社だったら、引っ越しサービスも充実しているでしょう。手際よく準備を進めていく行動色も、引っ越しには重要ですが、常に頭に置いておきたいのは引っ越しにかかる費用を節約するということです。思いもよらない出費が続いたりして、推定していた予算を超えることだって多いのです。見積もりを依頼する時に、安い会社を選択できるかどうかが要点になりますから、見積もりを一括で依頼できる引っ越し会社の比較サイトを利用するのがおススメです。部屋を引っ越して出て行く際、扱いに困るのがエアコンです。ですがもしも、引っ越し前の家が賃貸であるなら、大家さんや管理人といった立場の人に取り外しをせず、エアコンを現状のまま残していけるかを問い合わせてみましょう。管理側から見ると、エアコンを残して行ってもらうと、次の入居者がすぐそれを使うことができますから、あっさり希望が通ることがあるのです。こういった場合ですと取り外しの工事費がかからなくなり、少しコストを削ることができますね。荷物の数や移動距離の違いで引っ越しにかかる費用の相場は変わります。引っ越しにおける金銭的な負担を減らすためにも、まずは色々と情報を集めて大体の目安を付けるために相場を分かっておくことが望ましいです。こうして、凡その相場が分かったら複数の引っ越し会社の見積もりを比較検討し、調べた相場より安価であったりサービスが良い会社にお願いするのが良い方法だと思います。今、来月の引っ越しのために準備していますが、引っ越し先までピアノを持っていくか持っていかないで処分してしまうかを考えています。ピアノを弾くことはないので、ずっと置いておくだけでしょう。ただ、手放すのも粗大ゴミにもならないと思うし、一体どうしたら良いのでしょうか。誰かがもらってくれることを願っていますが、条件が会う方はいないものです。新居に移ってちゃんとした生活を始めるためには、ライフラインをまず整えておく必要がありますが、これに加えて転居当日からネットも使えるようにしておきたいものです。プロバイダをはじめ、今の環境を変えたいのなら契約を切るいい機会になりますが、今のままで問題がない、満足している、という時は、今までの契約は維持し住所変更のみ行いましょう。ただ、新居でそのプロバイダが利用不可、ということもあり得ますので確認しましょう。もし、引っ越し先にまったくネット環境がなかったりした場合は開設工事などをしてもらわないといけません。時間がかかることもある、ということを知っておいた方がいいですね。引っ越し専門の会社さんに見積もりを出してもらったのですが、どうしてもすっきりしないことがあったんです。実は、液晶テレビを運ぶのには保険をかけないと契約できないと言われました。荷物の中には40型の液晶テレビがあったので、明らかに購入価格が30万円以上のため、保険をかけなければならず、それを見積もりに計上するとのことでした。安心のためと割り切って、約1500円の保険をかけましたが、もうちょっと粘れば良かったのかまだ引っかかっています。まだ社会に出たばかりの頃に学生の時からの友達と一緒に生活していました。アパートだと、ペットを飼えないところが多く猫と一緒に住みたい友達は条件に合う物件を探すのに苦労しました。不動産屋さんにも何度も問い合わせてやっとのことで物件が見つかりました。すぐに入居でき、私たち二人も、そして猫も喜びました。もう長い間、犬とともに生活していますから、引っ越しをするとなるとペットが飼えるマンションでないといけませんから探し回ります。ところで、単にペット飼育が可能なマンションと言いますが、私としては、ぜひ屋上にドッグランがあるなどプラスアルファの設備があるマンションがいいです。少々家賃が高めでも、ペットと一緒の生活を続けたいと考えます。ローンの申請も通り、やっと住宅を買えることになりました。ところが、購入の契約を結ぶ時に印鑑登録された実印が必要、ということを知らずにいたので、少々驚きました。登録だけは、親が済ませておいてくれていました。でも、今回は他の市から越してくる形ですから、引っ越し先の市役所とか出張所にて登録をやり直しておく必要があるわけです。契約直前になっていきなり登録に行く事になったので当時は結構うろたえました。引っ越しの際、コートやフォーマルなスーツなどの衣類を梱包するなら会社からレンタルできる引っ越し専用の衣装ケースを利用することにより衣類の梱包がだいぶ楽になりそうです。通常のダンボールを利用するとたたんで詰めていくので手間がかかりますがこの衣装ケースを使うとハンガーのままケースにかけていって、荷造りを完了させられます。運搬先でも、今度は衣装ケースからハンガーのまま取り出して、クローゼットなどに収納していくことができて便利です。引っ越して、住所が変更したら、なるべく早く、国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。ちなみに、資格喪失の方は、古い方の住所で手続きし、加入手続きの方は、新しい住所の方で行います。手続きに必要なものは、印鑑とそれから本人確認書類を何か用意して申請をしてください。誤解されがちですが、同市内での引っ越しだったとしても、転居届は、提出することになっていますので、気を付けましょう。全国共通の引っ越し必須グッズがあります。いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。どこでも手軽に買えるものですが、引っ越し会社に依頼した場合、契約時に契約特典扱いで、このような消耗品を提供するサービスもあります。契約が成立すれば無料なのに先に買ったものが無駄になったと泣かないように会社に見積もりを頼む時には念を入れて確かめてください。よく知られているように、引っ越しの総費用というのは予定外の出費なども重なり、思っていた以上にかかってしまうことがあります。そういうことですから、出費を抑えるためにも会社の選択は慎重に考えてしかるべきです。料金は、例え距離と荷物の数が同じであったとしても会社により、料金が変わってくることがあります。できるだけ費用を安く抑えたい、安い会社を見つけたいという人には、一括見積もりサイトが役に立つでしょう。一括見積サイトに移動したら、出発地から到着地、家族の人数などを入力して一括見積もりを申し込みすると数社からの見積もりを比べて検討ができるので、とても役に立つでしょう。そろそろ引っ越しの日が近づいてきたけれど、エアコンの取り外しや設置について、何も決定していないという悩みをお持ちではないですか。エアコンの取り外しや取り付けは、専門知識のない個人ではなかなかできませんから、では、電気屋に来てもらうべきか、引っ越し会社に取り外してもらう方が安くつくのか、さらにまた、転居先への取付工事はいつできるのか、考えることが多くて迷います。他の家電と違い、エアコンの扱いは専門家に任せた方が間違いがありませんから、エアコンサポートセンターなど専門店に相談し、利用を考えてみるのも良いですね。前もって引っ越し作業の予約をいれておき、当日、あるいは前日のキャンセルによって、キャンセル料を請求されることがあります。見積もりを見せる時には、会社はキャンセル料のことについてもちゃんと説明しなければなりません。ですがこれを、書面だけで説明されてしまうとキャンセル料についての記載を、読まずにいることもありますから、会社に予約を入れる前に、キャンセル料がいつ発生するか尋ねておくべきではないでしょうか。天候は、引っ越し作業に大きく影響することが多く、雨が降ると荷物の防水などの作業が増え、時間がかかるようになります。梱包をはじめとして、会社に全てお任せのコースを利用しているなら、荷物が水浸しになるような心配は要らないのですが、雨天時の道路事情により到着が大幅に遅れるなどの影響は出るでしょう。会社スタッフに任せず、自分で荷物の梱包を行なうのなら、どうしても雨天対策は必要になってきます。特に梅雨時などは何時降ってきてもおかしくありませんから天気が怪しい時には、雨対策を忘れないでおきましょう。これまでの人生の中で、引っ越しが多くない方にとっては人生の中でも、引っ越しというのは転換期になり得るわけですが、それにまつわる想定外の事態も想定しておいた方が良いです。引っ越し当日は特に忙しいものですが、仕事が重なってしまったときに何か一つが狂ってしまうと全体の予定が狂ってしまうこともあるので予定は余裕を持って立てておき、前日までにやり残しがないようにしておかなくてはなりません。マンションやアパートですと、今では隣に住んでいる人のことを全くはっきりしなくても何とかなるというのがおかしいと思わなくなっています。とはいえ、顔を合わせたときに挨拶し、何かあったときにはお互いに助け合えるという関係は必要だと言えます。良好な関係を作り出す手始めとしては、転入したらできるだけ早く、おみやげを持ってお隣に顔見せの挨拶をしましょう。就職や転勤、あるいは一人暮らしを始めるなどで新しい住居が決まったら、ぜひ、ざっくりとでいいですから、準備の進め方を計画しておくと良いです。引っ越しの準備をあまり早い時期に始めてしまうと今の生活に支障が出てくる可能性がありますし、遅すぎる場合は後から忙しくなってしまいます。やり方としては、今現在使っていない衣類や、本などといったものからまず梱包していけば無駄なく進めていけるはずです。引っ越しを何度繰り返したとしても、その準備の大変さには慣れません。初めての引っ越しであれば、さらに辛いと思います。引っ越しの負担を軽減するためには、まずゆとりのある引っ越し計画を立て、そして、あまり考え過ぎずに大まかに計画を実行します。もちろん計画に則ってテキパキ作業をすすめられるのであれば一番ですが、引っ越しには何かと手続きが煩雑なため、家の中の作業は滞りがちなのです。立てた計画を大雑把にでも実行しておけば、多少計画にズレが生じても、ゆとりをもって軌道修正できると思います。引っ越しにつきものの悩みと言ったら、やはりどの会社を選ぶのかですよね。初めての引っ越しとあれば、ますます不安になるでしょう。個人的な話ですが、初めての引っ越しでは引っ越しのサカイさんに依頼しました。見積もりを依頼しましたが、どこよりも安かったからです。対応してくれた従業員さんが親切に対応してくれたので、安心して任せられました。今でも引っ越しする時はサカイさんに頼んでいます。良い引っ越しを経験しましたから、安心感が違います。今後も引っ越しのサカイを使うことは変わらないと思います。
大阪市福島区 引越し 見積もり

 

この記事に関連する記事一覧